読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

平安時代になぜ女流文学が花開いたのか

して宮廷の貴族女性たちの問に広がり、定着したことが大きな要因ます。

 

当時の社会では、男性は漢字を常用しており、文字が読み書きできるのは、貴族、僧、神官など一部の階層に限られていました。それが女性は平易なかな文字を使用することによって、男性より一歩先んじて文学に関心をもち、作品を書き、鑑賞する上うになったのです。

 

か々文字こ~易さか女流文学の洗練をうながしたことのほかに、当時の女流文学者の出身が中流貴族だったことも見のがせません。これは京都にのみ居勺いている上流貴族と違って、受領(地方長官)程度の中流貴族は地方に任官されることも多く、彼女たちは父や夫とともに旅をし、見聞を広げ、豊富な体験をして文学の糧を得ていたものと思われます。