読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

桜が咲くとお花見をするわけは

現在、私たちは桜の季節になると競ってお花見の宴を開きます。桜はもはや、たんに桜であるばかりでなく、日本のシンボルとなっているといっていいでしょう。

 

桜斑轍るの加早入ぶその散り際の潔さと憐れな風情が、しばしば武士の生き方の理想と重ね合わされてい圭すが、日本人の桜を見る風習はかなり占く、平安時代までさかのぼることができます。

花を見て楽しむという風習は、そもそもは中国の詩文からきており、安貴族が歌を詠む

対象として桜を観賞したのが、お花見のはじまりです。

 

ちなみに、桜が観賞される前には唐文化の影響で梅の花が貴族たちの好みであったようで、「万葉集」では梅の花を詠んだ歌が桜の歌の三協以上もあります。

 

こそんわかしゅうそれが[古今和歌集]になると、「万葉集」とは逆に桜の歌が梅の歌の倍以上になり、平安貴族の好みの変化にともない、お花見とい乙風習が定着していったことがわかります。

桜は中世の修験道の発達と結びついて、山岳信仰とともにいい速度で全国に広かってゆき、後の江戸時代になって武士のシンボルとなっていったのです。

 

もっとも、平安時代の庶民は桜を歌詠みの対象としでではなく、より実用的に桜の咲く伴子を見で、その年の農作物の画一匹二不作を占っていました。占いとしてのお花見が、庶民のお花見のルーツなのでダ。

お花見が般巾民のレクリズーションとなっかのは、江戸時代も元禄二六八べ~。ヒ○四

年)のダミーですが(落語の八つあんや熊さんもお花見交しました)、それ以前からずっと~本人は、桜の花に特別な感情を抱いていた、ことは聞違いありません。