チビ男の執念が世界最大の橋をつくった

サンフランシスコの象徴ともいえる建造物で、観光名所でもあるのが、ゴールデンーゲート・ブリッジ―金門橋である


長さ2825メートル、ケーブル全重量2万1400トンのこの橋は、1937年の完成当時、世界最大の橋たった。


この橋の設計者は、ジョセフ・シュトラウスという人物だが、彼がこの巨大な橋を設計することとなったきっかけを知るには、若リ言っの悔しい思い出にさかのぼる必要がある。


彼の身長は150センチ足らずとかなり背が低かったため、彼は、仲間から背の低いことでよくバカにされた。


 「おまえ、チビだなあ」


悔しかった彼は、それで発奮して、心に誓った。


「いまに見てろ。いつかでっかいことをして、誰にもバカにされないようになってやるから」


その誓いどおり、彼は世界最大の橋を設計してみせたのである。

 

九官鳥の「オタケさん」とはだれ

オウムや九官鳥など、人の物まねをする鳥は、よく「オタヶサン、オタケサン」といいます。これはもちろん、人間の口まねですから、きっとオウムに「オタケサン」ということばを覚えこませた元祖がいるはず。

 

そうです。「オタケサン」というのは実在の人物の名前で、ほんとうは「お滝さん」というのです。そして、オウムにこのことばをしこんだのは西洋医学を日本に伝えたシーボルトです。

 

シーボルトは文政六年(一八二三年)にオランダ商館医として来日しました。そして、長崎市外の鳴滝に診療所と学塾を設け、多くの弟子を育てて、蘭学の発達に貢献しました。

このシーボルトの愛した女性が楠本滝という人で、「お滝さん」と呼ばれていたのです。日本地図を持っているのが見つかってしまいました。当時は、地図の国外持ち出しはかたく禁じられていたのです。

 

シーボルトはこのため、再入国禁止の処分を受けてしまいました。これがシーボルト事件といわれるものです。

再び日本にもどってくることのできなくなったシーボルトは、お滝さんへの愛を忘れないため、飼っていたオウムにお滝さんの名を覚えさせました。この「お滝さん」が「オタケさん」と変化して一般化し、オウムといえば「オタケサン」としやべるものという通念ができ上がったのです。

お正月のおせち料理はどこで買おうか

ことしも残すところ2か月となってしまいましたね。

年末はなにかと忙しくなるのですが、ことしも徐々に慌ただしくなっている気配がします。とくにクリスマスというイエス・キリストが残した最大の商戦日に向けて準備をしておかなければならないわけです。

 

そして、クリスマスという奮闘を終えれば年末というもうひと波がまっています。そこを超えるとつかの間の休息「お正月」となるわけですね。

 

そしてお正月といえばおせち料理を食べるわけです。昔はどこの家庭でもお母さんやお婆ちゃんが時間をかけて作っていたものですが、いまでは通信販売でおせち料理を注文して、新年を迎えるという家庭も増えているのでしょう。我が家も「通販おせち料理派」です。

 

通販のおせちには「冷凍」と「冷蔵」があって、それぞれメリットデメリットが存在していますが、ここでは割愛します。

 

毎年注文していますが、どこのおせちを買うかでおそらく満足度がかなり変わってくるでしょう。おススメの販売サイトを紹介している、おせち料理人気ランキングというサイトがあったので、じっくりと拝見させてもらいました。

人気のおせち料理を紹介してくれているので、注文する参考になりますね。

 

でも、考えてみると今のほうがおせち料理の選択肢が増えていい環境だと思います。

全ての家庭で作られているおせち料理が美味しいということは無いでしょうから、料亭が監修しているようなおせちを買って食べたほうが外れなないんでしょうね。

たしかに、少しは値が張りますが、一年に一度のおせちですから、少しは奮発するのも

ありでしょう。

 

ただ、見てみると大きいエビは伊勢海老ではなくてロブスターなんですね。まあ、伊勢海老は高いですから、それを入れてしまうと価格も跳ね上がってしまうのでしょう。

 

さあ、今年もあと少し走り抜けて、いい正月を迎えないとですね。

 

「テラ銭」とはどこから出たことば

これは、江戸時代に寺院が賭場を提供していたときの名残であるといわれています。当時、寺院は寺社奉行の管轄で、町奉行に対しては治外法権的な立場にありました。そのため、賭場を開いていることがわかっていても、簡単には町奉行が手入れをすることができなかったのです。つまり、「寺銭」からきているという説です。

 

「思うつぼにはまる」このつぼはなに

言ぽ】は「亙」でヽ片肌ぬいでサイコロをふる、イキなお兄さんでおなじみのあの賭博用具。サイコロを入れてふる壷のことです。「思うつぼ」とは、壷の中のサイコロの目が思いどおりに出たときのことを「思うつぼになった」といったことからいい出されました。賭博用語が一般に広まって、日常使われるようになったのが、「思うつぼ」です。

 

 

 

 

 

 

 

 

相撲の決まり手はだれが決める

相撲の決まり手は、テレビと場内放送が食い違うことも多く、微妙なものですが、場内放送されるのが相撲協会の公式記録となることはもちろんです。

これを決定するのは、裏正面に控えている、決まり手担当の行司二名です。もしかれらではっきりしないときは、監察委員室の決まり手担当の親方が決定しミ子。栓書ごこ十八手とレれれますが、現在は七千千に整理されています。

 

「あげあしをとる」の由来は

これは相撲や柔道の体の型を由来にしています。対戦相手が片足をあげて、蹴倒そうとしたとき、このあげた足を逆にとらえて倒してしまう、という戦法です。

 

相手の油断をみて逆につけこみ、これを攻める、これが「あげ足をとる」です。古川柳

にも。あげた足を取ろう取ろうと姑ばば”というものがあり、かなり古くからあることば

のようです。

 

なぜお猿のお尻はあんなに赤い?

猿の尻の赤いのは肌の色ではありません。あれは肌の下の血液がすけて見えているのです。

 

猿の肌はピンクがかっと肌色ですが、お尻のしりだこには色素かおりません。そのため、肌の下の血液がすけて見えて、赤く見えるのです。発情期になると、いっそう赤くなります。

 

もっとも、これは日本猿の話で、世界の何千という種類の猿の中には、お尻が赤くない猿もたくさんいます。

 

 

人体で一番水分の多い部分は?

例外として、尿の入っている膀胱は除きます。

 

人体の中で最も水分が多い組織は脳で、実は85パーセントが水分です。

 

人体でも最も重要な器官といえる脳は、水にびたしに近い状態にあるときに、その機能を果たすようになっているのです。

 

 

江戸時代には四月一日は何の日?

四月一日といえばエープリル・フール。これは、もちろんヨーロッパの習慣が伝わったものです。

 

で江戸時代ではnann

の日は何の日だったかというと、「不義理の日」と呼ばれていました。

 

つまり、日ごろご無沙汰している人に手紙を書いて、不義理をかが、近況をたずねる日です。

 

堀部安兵衛が叔父の菅野六郎左衛門から高田馬場の決闘を知らせる手紙を受け取ったのが四月一目のことでした。

 

安兵衛はどうせ不義理の口の手紙だろうと、封を切らずにほうっておいたため、決闘に出遅れたということです。